対人恐怖症などの神経症(社会不安障害)を克服。不眠、頭痛、めまい、肩こり、対人恐怖、疾病恐怖、赤面恐怖、確認恐怖、心臓神経症、乗り物恐怖、閉所恐怖などで悩む人のための自助活動の場。

集談会(定例会)の内容と流れ

毎月行われる集談会(定例会)の一般的な内容と流れについてご紹介します。集談会(定例会)の一日に流れ

①自己紹介

まずは簡単な自己紹介から。

②論理学習

神経症を克服するためには、森田療法理論をきちんと理解することがとても大切です。

先輩会員の体験談や講師の方の講演から、自分の症状に対処する方法を学びましょう。


③体験交流

理論学習で学んだことを実際に生かして会員同士の交流をはかりましょう。

先輩会員に悩みを聞いてもらったり、他の人の悩みを聞いたりすることで、同じような悩みをもつ人が他にもいた、という安心感や連帯感が生まれます。


④親睦会

有志で懇親会へ出かけることも少なくありません。お酒が入ると、一段と和やかな雰囲気に。


このような活動を毎月行い、一年たった時点で一人ひとり、体験発表を行います。
next

一般的な集談会(各地区の定例会)は、おおむねこのような内容です。
では、次は実際に参加するための手順をご紹介します。

参加の流れ


ページの先頭に戻る